仮想通貨『CND(Cindicator )』の特徴と将来性は?人工知能×金融アナリストとは?

cindicator - 仮想通貨『CND(Cindicator )』の特徴と将来性は?人工知能×金融アナリストとは?

 

本日は12月にBinanceに初の公式上場となった仮想通貨CND(Cindicator)に注目していきたいと思います!

Cindicatorの特徴と将来性を詳しく解説していきますね!

CND(Cindicator)の特徴

CND(シンディケーター)の特徴を一言でまとめると「人工知能」×「金融アナリストの知能」です。

つまり、人工知能(AI)と金融アナリストの知能を融合させることにより、より正確に早く、市場予測や投資判断を行うプロジェクトを構築していこう!ということです。

Cindicatorの主な特徴を3つあげます!

  1. Collective Intelligence Platform 
  2. Cindicator Bot
  3. Cryptometor 

それでは詳しく見ていきましょう!

Collective Intelligence Platform

Collective Intelligence Platformとは、株式・FX・仮想通貨など幅広いマーケットを予測するためのプラットフォームです。

スマホアプリでCindicatorの出す質問に答える形で、世界中の人の投資判断を大量に集めてAI分析をするというものです。

早速そのアプリ『Collective Intelligence Platform』を使ってみました!!

IMG_20180203_234113-375x600 仮想通貨『CND(Cindicator )』の特徴と将来性は?人工知能×金融アナリストとは?

YES or NOで答えられる質問や、ある事象が起こり得る確率をパーセンテージで答える質問もありましたが、今回は

「2月3日19時から2月4日19時までの間で、米ドルでのイーサリアムの価格の最小値と最高値はいくらになると思いますか?」という質問に答えてみました!

Minのところに最小値、Maxのところに最大値を予測して入力し、Forecastボタンをクリック!

実に簡単ですね!
これで、私も世界中の金融アナリストの一人として、投資判断の蓄積に貢献できたのかな(笑)
個人的には、私みたいなぺーぺーの人間の投資判断とか参考にしちゃっていいの?!って感じですが|д゚)

いや、おそらく回答の正答率の高い人の投資判断を抽出して蓄積させ、AI分析に活かしているんでしょうね!

ちなみに、ランキング発表や報酬が渡されることによって、より正しい投資判断をしようというモチベーションの向上を図っているようです!
報酬はイーサリアムで貰えるようです。

そんなイーサリアムの今後についてはこちら☆

IMG_20180203_234113-375x600 仮想通貨『CND(Cindicator )』の特徴と将来性は?人工知能×金融アナリストとは?

イーサリアムは今後いくらになるのか?2018年の好材料まとめ

2018.01.07

Cindicator Bot

Cindicator Botとは、価格水準や投資判断するための指標値などをボット通知してくれるサービスです。

先ほどのCollective Intelligence Platformから得られたビックデータを基にAI分析し、正誤を確かめながら正確さを高め、マーケット判断に役立つ指標値を作り出します。

その指標値をボット通知してくれるんですね!

Cryptometor Bot

Cryptometorとは、アービトラージ取引をサポートするツールです。

アービトラージ取引
同じ仮想通貨でも取引所ごとに価格差があり、その価格差を利用して通貨を売買する手法です。

つまり、価格が安い取引所でコインを購入し、価格が高い取引所で売却して利益を得る手法です。

Cryptometor Botは、自分が選択したコインの価格が、どこの取引所においてどこよりもいくら高いのかをタイムリーに教えてくれるんです!

将来性

IMG_20180203_234113-375x600 仮想通貨『CND(Cindicator )』の特徴と将来性は?人工知能×金融アナリストとは?

12月はじめ頃と比べて、2月3日現在約10倍の価格となっていますね!

そして1月16日から1月23日の一週間の高騰ぶりは何があったのでしょうか!Σ(・□・;)
34円を突破していた時期もありますね!

私は、今後Collective Intelligence Platformによって出された予測の正確さが上がれば、大きく価格は上昇するんじゃないかなと思っています!

しかし、最近各国での仮想通貨の規制が厳しくなっており、普及するのには少し時間がかかるような気もします(-_-;)

ポテンシャル高めのコインであることは間違いなしなので、今コインチェックでのNEMの不正流出や各国の規制によって価格が低くなっているときに仕込んでおきたいところです!

最近注目のコインチェック社長『和田晃一良』さんの経歴について知りたい方はこちら★

IMG_20180203_234113-375x600 仮想通貨『CND(Cindicator )』の特徴と将来性は?人工知能×金融アナリストとは?

コインチェック社長『和田 晃一良』の華麗な経歴とは?STORYS.JPの創業者秘話が感動的

2018.02.03

取引所

Cindicatorは現在Binanceで購入できます!

Binanceは、世界で最も取引高が多く取扱い通貨も多いのでおすすめです!

IMG_20180203_234113-375x600 仮想通貨『CND(Cindicator )』の特徴と将来性は?人工知能×金融アナリストとは?

アクセスが急増している記事はこちら(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。