コインチェック社長『和田 晃一良』の華麗な経歴とは?STORYS.JPの創業者秘話が感動的

1465d4cc1852b4222e09f0e6bd88bd53 e1517663332620 - コインチェック社長『和田 晃一良』の華麗な経歴とは?STORYS.JPの創業者秘話が感動的

 

2018年1月26日に起きた
コインチェックから580億円相当のNEMが
不正に流失した事件により、
コインチェックの社長である『和田 晃一良』さんがメディアに注目されています。

仮想通貨NEMについて知らない方は
こちらの記事を参考にしてください!

1200px-Nem_logo.svg_-486x290 コインチェック社長『和田 晃一良』の華麗な経歴とは?STORYS.JPの創業者秘話が感動的

仮想通貨 NEM(ネム)のカタパルトって?将来性は?購入方法をご紹介

2018.01.20

今はコインチェック事件の後なので、
メディアでは批判的な意見も多いですが、
一体どんな人なんだろうと興味を持った方も多いのではないでしょうか?

和田 晃一良さんのプロフィールや経歴

1200px-Nem_logo.svg_-486x290 コインチェック社長『和田 晃一良』の華麗な経歴とは?STORYS.JPの創業者秘話が感動的
参考URL:http://corporate.coincheck.com/

名前 和田 晃一良
年齢 28歳(2018/1 現在)
出身大学 東京工業大学 経営システム工学科
事業経歴 コインチェック、STORYS.JPの創業者

和田さんの経歴を調べていくと、
コインチェックだけではなく
STORYS.JP(ストーリーズ)という
個人が持っている人生の変化点となった
ストーリーを短編小説のような形式で
提供するサービスの創業者であることがわかりました。

映画で一躍有名になった「ビリギャル」もこのSTORYS.JPから生まれたので、
もしかしたらご存知の方も多いかもしれません。

元々、和田さんは小学生の時から
プログラミングに興味があり、
東工大に進学後も
株式会社NEOPAというアプリ制作会社で
アルバイトとして働いていました。

そこでサービスを作る楽しさを知った彼は
株式会社レジュプレスを友人と立ち上げ、
STORYS.JPをリリースしました。
(現在は売却済み)

その後、株式会社レジュプレスは
株式会社コインチェックに改称し、
仮想通貨事業を開始しています。

STORYS.JP創業秘話が感動的!


STORYS.JPのサイトはこちら!

こちらのSTORYS.JPの創業秘話を
紹介した動画でも触れていますが、

STORYS.JPは

『一人ひとりの生きたストーリーはきっと誰かのためになる』

という気持ちの元に生まれています。

これって凄い素敵なメッセージだと思いませんか?

映画を観て感動するのと一緒で、
他人のストーリーや言葉に心を動かされたり、
エネルギーをもらって『頑張ろう』と思った経験は誰にでもあると思います。

そんなエネルギーを持ったストーリーや恩師に出会える機会って
人生の中でもそんなに多くはないですよね。

読むだけで、誰かの人生を覗くことができます。
中には、あなたが夢見る場所に
すでにたどり着いている人、

あるいは、あなたもぶつかっている問題に同じく直面し、
乗り越えようと挑戦している人も
いるかもしれません。

みんな、この世界で、
何を想い、何をして生きているのか。

STORYS.JPを読めば、
あなたの世界が広がります。
参考URL:https://storys.jp/guest_about

ちょっと大げさかもしれませんが、
STORYS.JPってインターネットを通じて
一人ひとりの人生に新たな可能性が
生まれるきっかけとなるようなサービスですよね。

和田さん自身、幼少期に父親に教わった

『follow your passion』
(≒自分の情熱にしたがって、やりたいことをやろう) 
※雰囲気和訳です

という言葉が起業を志したきっかけになっているそうです。

コインチェックを始めた理由は?

もともとSTORYS.JPで
成功していた和田さんが
なぜ仮想通貨の取引所を始めるに至ったのでしょうか?

ぼくがcoincheckを始めようと思ったときって、
すでに幾つかのビットコインを取引するサーヴィスはあったんです。

ただ、それらは、すごく使いにくかった。
登録のフローは難しいし、実際に使ってみてもよくわからないし。
こんなに面白いものを扱っているのに、なんて前時代的なサーヴィスなんだという感じでした。

…【中略】…

ビットコインも、まだコンシューマーにとって単体では使いづらいものなので、
より簡単な決算の仕組みや、新しい法体系に対応した業態、
サービスなど、この流れのなかで、ぼくらがビットコインや、
その利便性を促進する担い手になれればと思っています
参考URL:http://wired.jp/series/wired-audi-innovation-award/19_koichiro-wada/

つまり、

ビットコインってすごい技術だけど
まだまだ課題もあるし使いにくいよね。

よし、おれが便利に使えるように
世の中を変えてやるぞ!

ということですよね。

実際、コインチェックって初心者からしたら
圧倒的に使いやすいですし、
簡単に色んな種類の仮想通貨が購入できるので

「コインチェックで仮想通貨を始めました」

という方はかなり多いのではないでしょうか?

セキュリティ対策が甘かったのは
非常に問題ですし、
金融事業者としては致命的だと思います。

でも、仮想通貨が使いやすい仕組みを作る、
という観点では間違いなく世の中に
貢献していたのではないでしょうか。

さいごに

今回のNEM流失事件でコインチェックは
相当評判を落とすことになりましたし、
社会的責任も取らなくてはいけません。

でも、この事件をきちんと精算し、
仮想通貨の利便性を促進する担い手として
もう一度コインチェックから仮想通貨の未来に挑戦して欲しいですね!

なにより、コインチェックが倒産してしまうと
流失したNEXや預かり資産は返ってこないかもしれませんし。笑

コインチェックも和田さんも
応援しています\(^o^)/


アクセスが急増している記事はこちら(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。