イーサリアムは今後いくらになるのか?2018年の好材料まとめ

Ethereum 640x329 - イーサリアムは今後いくらになるのか?2018年の好材料まとめ

2018年にさらなる躍進が期待されているEthereum(イーサリアム)の今後についてまとめます。

イーサリアムの今後は?いくらになるの?

2017年はBitcoinが先駆者として仮想通貨の可能性を示した年でした。
しかし、Bitcoinは以下のような問題を抱えており、最適な決済方法とは言い難いのが現実です。

・高い手数料
・送金時間の遅さ

例えば、ブロック作成時間を比べてみるとビットコインは約12分かかるのに対し、イーサリアムは約12秒しかかかりません。

また、ビットコインは主な用途が決済ですが、イーサリアムはブロックチェーン技術を使用したアプリケーション作成のプラットフォームであり、決済にとどまらず様々な事業への展開が可能です!

仮想通貨は「実態の無い通貨」と言われることもありますが、イーサリアムは社会への応用力も高く、仮想通貨の中では堅実な部類に入ると言えそうです。

そういった背景から、イーサリアムを積極的に採用する企業は多く、今後社会とともに発展する可能性が高い仮想通貨、次世代の分散型アプリケーション基盤なのです。

イーサリアムを用いたビジネス組織(EEA)に加盟している企業一覧はこちら!

イーサリアムの価格チャート

そんな将来有望なイーサリアムのチャートを見てみましょう!

-2018-01-07-21.05.33-600x244 イーサリアムは今後いくらになるのか?2018年の好材料まとめ

2018年に入って最初の1週間で価格は1.5倍程になっていますね!
この暴騰の背景には、大企業のイーサリアムアライアンスへの加盟やSmart Contract(スマートコントラクト)への期待感が表れています。

しかし、まだエンジニア不足などの問題が解決されておらず、イーサリアムを使用したアプリケーション開発はまだまだ発展途上です。

ネットではイーサリアムが2018年内に$4000(約45万円)に達するのでは?という予想もあります。エンジニア不足やアプリケーションの実用化など問題が解決される兆しが見えれば、これらの価格も達成できるかもしれないですね。

2018年の好材料・ニュースを紹介!

イーサリアムの2018年の好材料を紹介します。

1. ブラジル政府がイーサリアム上で請願書の受付を検討

この計画では請願書や票をイーサリアム上に恒久的に保存することで、改変などを防ぎ今まで以上にクリーンな選挙システムを導入する狙いがあるようです。

今までは願書を提出する際には、議員の支援が必要でしたがこのシステムではそれらが必要なくなるので、より国民の意見が政治に反映されやすくなりそうです。

2. 人工知能とイーサリアムの技術を統合した医療AI

人工知能とイーサリアムの技術を用いた医療プラットフォームdoc.aiのリリースが2018年に予定されています。
このプラットフォームはスタンフォード大学とケンブリッジ大学の共同研究によって開発されています。

医療現場でブロックチェーン上にdoc.aiを展開し、患者の個人データや医師の診断結果を保存することで、患者の質問に24時間応答できる仕組みを作ります。

このように政治や医療の現場で使われるようになると社会への影響力は大きいですよね。
まだまだ課題はありますが、イーサリアムが社会に浸透する可能性が示されれば2018年は大きく値上げが期待できそうです(^^)

イーサリアムの購入方法

イーサリアムは取引手数料が最も安いZaifでの購入が一番オススメです!送金手数料も他の取引所と比べてやすいので、私はメインとして使っています。

イーサリアム購入方法
1. Zaif取引所に登録
2. Zaif取引所でイーサリアムを購入する

アクセスが急増している記事はこちら(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。