加納裕三のWIKIプロフと大学がエリートすぎる!bitFlyerをセキュリティ世界一にしたCEO

2b48510a3fa580ae24e8c2936f48d681 - 加納裕三のWIKIプロフと大学がエリートすぎる!bitFlyerをセキュリティ世界一にしたCEO

 

本日は、世界一のセキュリティを誇るbitFlyer社長の加納裕三さんを取り上げます!
加納さんの大学や経歴をWIKIプロフにしてまとめてみました。

加納裕三さんのWIKIプロフ

f24f3daa62992ebe42f11f9346f9997f-429x600 加納裕三のWIKIプロフと大学がエリートすぎる!bitFlyerをセキュリティ世界一にしたCEO
参考URL:https://bitflyer.jp/ja-jp/DirectorProfiles

名前 加納裕三(かのうゆうぞう)
年齢 今年42歳(1976年生まれ)
出身大学 東京大学大学院工学系研究科
職歴 ゴールドマン・サックス証券→BNPバリパ証券→ゴールドマン・サックス証券→bitFlyer設立

これを見ると、大学が工学系であるにも関わらず、証券会社へ就職ってちょっと珍しいですよね。
当時(今も?)は外資系の金融機関や戦略コンサルの人気が高かったそうで、世界で活躍できるチャンスがあり若い時期から成長できる仕事を選んだそうです。

そして気になるのが職歴です。
加納さんは、ゴールドマン・サックス証券でエンジニアとして自社決済システムの開発をしていましたが、この業界の花形であるトレーダーに憧れてBNPバリパ証券へ転職しトレーダーになったとのこと。
その後ゴールドマン・サックスからまた声がかかり再入社し、トレーダーとしてデリバティブ・転換社債トレーディングに従事し、機関投資家向けのマーケットメイクや自己資産運用などを行っていました。

コインチェックの社長である和田晃一良さんは東京工業大学を中退して別のベンチャー企業の社長を経てからコインチェックの社長になったようですが、加納さんは着実に超大手の外資証券会社でのキャリアを積んでいたんですね。
コインチェック社長の和田 晃一良さんの経歴はこちら

その後2014年に株式会社bitFlyerを共同設立しています!
当時の連邦準備制度理事会(FRB)議長のベン・バーナンキさんが「ビットコインには長期的には可能性を秘めている」という趣旨の発言をしたこともあり、ビットコインやブロックチェーンの技術によって金融業界は変わると確信したそうです。

思い立ってから3か月後にはゴールドマン・サックスを退社し起業していたという…(゚д゚)
その先見力と行動力見習います!!

そして今ではbitFlyerの社長だけではなく日本ブロックチェーン協会の代表理事も務めているんですね。

加納さんにとっての最大のリスクとは?

好待遇の外資証券会社を辞めて挑戦することに迷いはなかったのでしょうか。
その問いに対して加納さんはこう答えています。

多くの人にとって、「お金」は不安要素で、それを失うことはリスクに感じられるでしょう。
でも、私は起業して報酬が下がったとしても、それをリスクだとは思いません。

お金は大事ですが、私にとっては、お金を失うことよりも「時間を浪費すること」のほうがリスクだからです。

…【中略】…

たとえ、証券会社がハイサラリーかつ一生いられる安泰な会社であっても、そこでの仕事が自分にとってやりたい仕事じゃなかったら、自分の人生の時間がただ削られていくだけに思えます。

そうやって時間を削られた結果、自分のやりたいことをやれずに終わったら後悔する。
その後悔は、未知の領域に挑戦する恐怖感よりもきっと大きいと想像します。

だから、今一番やりたいことをやるべきかと。

参考URL:https://mirai.doda.jp/series/interview/bitflyer/

つまり、Time is money!Follow your heart!といったところでしょうか。
時間は有限だということを意識し、その貴重な時間をいかに使うか考え自分のやりたいことをやる、ということが大切なのかな。

それにしてもデキる人ってみんなお金より時間を大切にして日々を生きている気がします!
かっこいいなぁ。

仮想通貨取引所「bitFlyer」について

加納さんが立ち上げたbitFlyerの特徴をさらっと見ていきましょう。
日本国内では取引量や資金力ともに、最大の取引所となっています!

強固なセキュリティ

最高強度のDigiCertという次世代暗号システムにより、入出金はスタッフが確認しているそうです。
また、資産は基本的にホットウォレットではなくコールドウォレットで安全に保管しています。

コールドウォレットとは

インターネットと完全に切り離されており、送金(電子署名)を行う秘密鍵がオフライン環境に保管されているウォレットのことです。

大手資本の運営体制による信頼性の高さ

f24f3daa62992ebe42f11f9346f9997f-429x600 加納裕三のWIKIプロフと大学がエリートすぎる!bitFlyerをセキュリティ世界一にしたCEO

三菱UFJ、みずほ、SMBC、リクルート、GMO、SBIなど多くのベンチャーキャピタルから出資を受けています。
このような多くの企業から資金調達をすることで、強固な資本体制を築いているんですね!

銀行が倒産した時には、銀行預金の最大1000万円を保証するペイオフ制度がありますが、仮想通貨投資にはペイオフ制度はありません!
だからこそ、セキュリティ管理がきちんとされていて、安全性が高い取引所を選ばないとですよね。

安全性も信頼度も高い取引所で仮想通貨取引を始めたいという方にbitFlyerはオススメです!

ぜひ国内ナンバーワンの取引量と資金力を誇るbitFlyerに登録してみてくださいね!


アクセスが急増している記事はこちら(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。